サービス事例

クロスドッキングよる輸送距離の低減(建材メーカー)

スルーセンターで、行き交うモノと情報をフレキシブルに管理。広範囲の物流効率化を実現

全国に製造拠点を数ヶ所持つ建材メーカーA社では、各地方の物流センターに製品を在庫、そこへ各県の営業所が受注の都度、引取りにきていました。A社では、県単位でビジネスを区別していたため、県境をまたいだ共同物流などができず、非効率な運行が多発していました。
大和物流では、物流センターを在庫型からスルー型に転換し、県単位からより広いエリアでの物流ネットワーク体制を構築。幹線便ルートを利用することで、以前のルート重複や空便運行が低減され、工場からスルーセンター、納品先までの輸送距離の短縮に成功しました。

課題
  • 県単位でビジネスが区別されており、他県との共同物流ができない
  • 商流と物流が同一視されているため、フレキシブルな物流対応ができない
  • 物流センターへの製品引取りで空便運行が発生している
導入前
導入事例
  • スルーセンターで各工場からの製品をクロスドッキング
  • 当社の幹線便ネットワークを使い、広範囲での物流プロセスの見直し
導入事例図
サービスポイント
  • スルーセンターにて各工場の製品をクロスドッキングし、スピーディな入出荷を実現
  • 当社の幹線便ネットワークを利用し、高効率な輸配送を実現
  • 事業所単位での物流プロセスを見直し、フレキシブルな物流ネットワークを構築
事業概要

顧客から発注を受けた製品は、メーカー様の工場から各地のスルーセンターまで配送され、エリア毎に仕分けられた後、当社の幹線便に積替え、各納品先に配送されます。全国に張り巡らされた幹線便ネットワークを使うことで、最適ルートでの運行が可能になり、工場・スルーセンター・納品先の3拠点の輸送を包括的に効率化。燃油コストおよびCO2排出量の低減に貢献します。

このようなお悩みはありませんか?大和物流が解決をサポートします
  • 事業所単位でビジネスが区別され、物流効率化が難しい
  • 工場や物流センターでの在庫を減らしたい
  • 小口配送を活用したい
  • 輸配送ルートを見直し、燃油コストやCO2を低減したい
  • 企業や組織の壁を超えた物流効率化を図りたい
お問い合わせはこちら
PAGE TOP