サービス事例

設備機器の運搬・設置

付加価値を高めた輸配送でシームレスな物流プロセスを実現。大幅な受注変動にも対応

駅の自動券売機メーカーA社では、在庫・入出庫管理を自社で行い、輸配送、現場作業、廃棄物処理はそれぞれの事業者に委託していました。しかし今回、鉄道会社の大幅な新台入替にともなう受注を受け、従来のやり方を続ければ、多くの請負業者のマネジメントが大きな業務の負担になる恐れがありました。
大和物流では、当社の全国輸送ネットワークに、A社の物流プロセスに必要な機能「効率梱包、安全輸送、設置・施工および撤去作業、廃棄物運搬」を付加し、シームレスな物流体制を確立。また、受発注情報の共有で、最適な物流センターの運営体制の構築にも協力。大幅な受注変動への対応に貢献しました。

課題
  • 請負業者が多く存在しており、マネジメントが大変
  • 特殊作業があるため、納品時には運送事業者の他にも、事業者がきている
  • 搬入から設置・撤退までを制限時間内に行なう必要があり、現場での連携が不可欠
  • 精密機器であるため、特殊ノウハウを持った事業者が必要
  • 大幅な受注変動があり、在庫や入出荷のコントロールが難しい
導入事例
  • A社の物流プロセスに必要な機能を付加し、シームレスな物流体制を確立
  • 新台搬入と同様、中古品のリサイクル物流を実施
導入事例図
サービスポイント
  • 各種事業者手配のマネジメントをなくし、コア事業への集中に貢献
  • 養生や梱包、振動対策に配慮し、安全輸送を実現
  • 配送・設置から起動確認、中古品の回収まで。シームレスな物流プロセスを実現
  • 処理業者への運搬または資材センターへの戻入れで中古品・廃材のリサイクルを実現
事業概要

新規搬入が決まった券売機は、安全対策に十分に配慮した梱包を施し、納品先に配送します。納品先では、中古品を撤去し、新品を設置した後、中古品および廃材を回収。この一連の作業を制限時間内(閉駅中)に完了させる必要があるため、事前に綿密な作業スケジュールを作成、スピーディな納品を実現しています。また、回収したものは状態を見て、資材センターもしくは指定の処理業者に責任を持って運搬します。

このようなお悩みはありませんか?大和物流が解決をサポートします
  • 輸配送時に設置施工や解体などの特殊作業が必要
  • 梱包や輸配送、納品の際に特殊な技能とノウハウが必要
  • 技術を習得した人員の確保が不可欠
  • 物流プロセスに複数の事業者が存在し、マネジメントが大変
  • 受注変動が大きく、在庫や入出荷のコントロールが難しい
お問い合わせはこちら
PAGE TOP