サービス事例

自動配車システムによる車数削減

荷物と付随条件をデータ化し、積み込みから配送ルートまでを システムによって自動算出

住宅やビルなどの建築現場に部材を納入する建材メーカーA社は、現場作業の進捗状況に応じて製品のセット輸送を行っています。ここでは、種類や形・大きさの違う部材が混載されて輸送。しかし、混載輸送はトラックへ積み込んだ際の荷姿をイメージしにくく、必要車両台数も割り出しにくいという課題がありました。
そこで大和物流では、荷物の大きさや量、入出荷日時、荷卸順序など、荷物とそこに付随する条件をすべてデータ化し、車両への積載方法や必要車両数を自動算出するシステムを提案。さらに、配送先の位置や道路情報に基づき、最適輸配送ルートの算出も可能です。

課題
  • 積載荷姿をイメージしにくいため、トラックのムダな空きスペースが発生
  • 必要な車両数が予測しづらく、車両の過剰や不足が発生するリスクをはらんでいる
  • 積載方法や車両数の算出が担当者の経験に依存しており、安定的に最適値を導くのが難しい
導入前
導入事例
  • 物流の基準と結果を明確に「見える化」することで、関係管理者の意見も加えた日々の改善推進が可能
導入事例図
サービスポイント
  • 最適積載の考案、必要車両数の算出、配送ルートの設定を自動化
    最適配車システム
  • 荷物にまつわる情報がデータ化され、システムによって計算するため、最適値を安定して算出できる
  • 情報と算出方法が「見える化」されるため、問題点の把握や改善が容易に
事業概要

3PL/自動配車システムによる最適輸配送サービスでは、荷物やその付随条件を係数化する大和物流の独自ノウハウにより、これまでは人に依存せざるを得なかった積載効率の考案やそれに基づいた必要車両数の算出を自動化。システムを活用することで、素早く、安定的に最適値を割り出します。
また、地図情報や過去の渋滞情報などもデータベース化されており、最適な配送ルートも瞬時に算出。最小限の車両数が最適ルートを運行することにより、コストダウンおよびCO2削減に貢献します。

このようなお悩みはありませんか?大和物流が解決をサポートします
  • 異種異形の製品や半製品を混載して輸送している
  • 積み込み方法の考案や必要車両数の決定は担当者の経験に依存している
  • 手配した車両が不足なのか過剰なのかは、荷物を積み込んでからしかわからない
  • 積載や車両数を最適化したいが、根拠となるデータが不足していて論理的に行えない
  • 最適な配送ルートを素早く導き出したい
お問い合わせはこちら
PAGE TOP