1. TOP
  2. 採用情報
  3. 社員紹介
  4. Interview04|菅原 哲也

社員紹介

将来は、センター長として
事業所を運営したいですね。

Interview|04

菅原 哲也TETSUYA SUGAWARA

営業部(東日本エリア) 課長 2009年入社

Q01 入社した理由

大学時代に物流の講義を受講していたことや、身近に物流関係の仕事に従事している人がいたこともあり、物流業界で働くことは既に決めていました。就職活動では、さまざまな物流会社の説明会に参加をしましたが、大和ハウスグループである大和物流は総合物流企業で、今後の大きな成長性に惹かれ入社を決めました。また、当時の大和物流は建材系の商品が主力でしたが、私が入社した頃から取り扱う商品の領域が広がりつつあり、全国に展開していくというタイミングでもありました。そのため、入社してから現在において、会社が大きく成長している瞬間に仕事に携わる経験ができ、私自身も共に成長しているという実感があり、とても幸運だと思っています。

Q02 現在の仕事内容と魅力

 

私の仕事は、お客様とのヒアリングを重ね、現状の倉庫管理方法や配送法などの問題点を抽出し、お客様に合った提案をすることです。私が所属している営業2部は広範囲な業界を担当しています。建材をはじめ食品やアパレル、日用品にまで及びます。それに伴い、各業界の特性、商品知識など覚えることは多いですが、仕事の経験を通して学べますし、上司や先輩からのアドバイスも貰えますので、入社してからでも十分知識をつけることができます。また、大和物流の物流サービスは配送だけではなく、一般の物流会社と違い建築の要素も取り入れた提案ができます。例えば、「倉庫を建てましょう」という提案から派生し、次に「モノを運びましょう」という流れの提案ができます。このような大規模な提案は大和ハウスグループである大和物流の魅力だと思います。

 

Q03 今後の目標

 

現在は、新規案件のセンター立ち上げプロジェクトに関わらせて頂いています。将来的には現場運営を含めたセンターの経営に挑戦することが目標です。自分が受注した案件でセンターが運営できたらな、さらに嬉しいですね。この目標を実現するためには、より多くのお客様の所に出向いて、お仕事のチャンスを頂ければ実現の可能性が増えるのではと考えています。大和物流は発言もしやすい社風なので、今まで以上にアグレッシブに働きかけていきたいです。

 

Q04 就職活動中の学生へのメッセージ

 

大和物流は、毎年新しいことにチャレンジしている会社です。例えば、新しいロボットを使ったプロジェクトを企画したり、今まで業界がチャレンジしてなかったところにアプローチをかけています。また、全国に物流センターを多数建て、それらを戦略的に使っていくことができるのは他の企業ではなかなかできません。ダイナミックな動きができるのは大きな魅力です。無限大に持つ物流の可能性を広げカタチにしていきたい人、そして会社と共に成長したい人は、ぜひ大和物流に来てください。一緒に挑戦していきましょう。

 

Q05 オフタイム

私はゴルフと釣りが好きで休みの日は家にほとんどおらず、外に出ていることが多いですね。かなりアウトドア派なので(笑)。釣りなら勝浦とか館山とか、八丈島に行ったりもします。ゴルフはずっと趣味で、釣りは数年前に始めました。ゴルフも釣りも、会社の人と一緒に行くこともあるのですが、社内では見ることのできない一面を知ることができるので面白いですよ。ワークライフバランスはしっかり取れていると感じます。しっかりリフレッシュして、仕事のモチベーションへと繋げています。

マイナビ2022