TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 用語集 > ラストワンマイル

用語集

  • ロジスティクス

ラストワンマイル

物流用語として使用される「ラストワンマイル」について、解説しています。

 

(英語:last one mile、last 1 mile)

 

 

ラストワンマイルとは

物流におけるラストワンマイルとは、最終拠点からエンドユーザーへの物流サービスのことをいいます。

「最後の1マイル」という距離的な意味ではなく、お客様へ商品を届ける物流の最後の区間のことを意味します。

 

 

ラストワンマイルでの競争激化

EC(ネット通販)市場への参入事業者が年々増加している中、送料無料・当日配送などの物流サービスによる差別化に取り組む事業者が多く、ラストワンマイルの物流サービスにスポットがあたっています。

 

Amazonなどの大手通販事業者が展開している、全国対応、当日配送、翌日配送サービスが良い例で、従来、拠点を集約し、配送の部分を宅配業者に委託する形で物流を構築していたものを、よりエンドユーザーに近い場所に配送拠点を設けることで、ラストワンマイルを縮めてサービス強化する動きが活発化しています。

 

ラストワンマイルの物流サービスの向上が、EC事業者の販売戦略の大きな要素となってきています。

 

 

ラストワンマイルが抱える問題点

ラストワンマイルの配送は、大手宅配事業社への依存度が高く、ECの拡大によって宅配サービスの取扱量が急増しており、ラストワンマイルの物流サービスのあり方が考えられる時期に来ています。

 

【問題点】

  • 宅配業者への配送料金が、見合っていない
  • 年々増加し続ける宅配貨物の物量
  • 再配達による業務効率の低迷
  • 労働人口の減少や作業内容等の物流労働環境の問題により、物流の担い手が年々減っている