TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 用語集 > ユニットロードシステム

用語集

  • ロジスティクス

ユニットロードシステム

物流用語として使用される「ユニットロードシステム」について、解説しています。

 

(英語:Unit Load System)

 

 

ユニットロードシステムとは

ユニットロードシステムとは、さまざまな荷姿の包装貨物を個別に扱うのではなく、パレットやコンテナなどの単位にユニット化することによって、物流機器を利用して荷扱いし、輸送、保管などを効率化する仕組みをいいます。

 

また、パレットやコンテナなどの単位にユニット化された貨物を、「ユニットロード」といいます。

 

代表的なユニット化の機器には、パレットによるパレチゼーションと、コンテナによるコンテナリゼーションがあげられます。

 

 

ユニットロードシステムのメリット・デメリット

ユニットロードシステムのメリット・デメリットには、次のような事項が挙げられます。

 

メリット

  • 荷役の機械化・合理化による作業能率の向上と省力化
  • コストの低減
  • コンテナ、パレットの利用による貨物の破損、汚損、紛失、盗難などの防止
  • 個々の包装の簡素化による包装費の削減

 

デメリット

  • 荷役機器が必要となる
  • 荷役機器に寄る作業に対応した施設・設備が必要となる
  • 空コンテナや空パレットの管理コストが発生する