TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 用語集 > ワークサンプリング

用語集

  • ロジスティクス

ワークサンプリング

物流用語として使用される「ワークサンプリング」について、解説しています。

 

(英語:Work Sampling)

 

 

ワークワンプリングとは

ワークサンプリングとは、稼働分析手法の中の一つで、倉庫内作業などにおいて1つの工程に対してどれくらいの時間、工数が掛かっているかを複数回にわたって瞬間的に観測し、対象の工程の稼働状況を統計的に把握する手法のことをいいます。「瞬間観測法」とも呼ばれます。

 

稼働分析手法には、「連続観測法」と呼ばれるものもあります。

連続観測法は、瞬間的に観測するのではなく、特定の工程を終日観測し集計を取る手法のことである。

 

 

物流におけるワークサンプリング

物流におけるワークサンプリングの活用は、生産性向上を目的として使われることが多い。

 

その他にも、荷主が行うコンペティションなどの際に、現場の調査時に見積り単価の算出根拠となる生産性を把握するために使用するケースも多い。

 

進め方は、観測対象の作業工程やラインに対して、まず1工程ごとにランダムに決めた時間に状況や数値を記録し集計します。

その集計した結果を基にして、生産性の悪い原因や要因を導き出し、課題を設定し改善を行います。