TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 用語集 > ドックレベラー

用語集

  • ロジスティクス

ドックレベラー

物流用語として使用される「ドックレベラー」について、解説しています。

 

(英語:Dock Leveler)

 

 

ドックレベラーとは

ドックレベラーとは、工場や物流センターなどで積み降ろし作業をする際、建物の搬出入口の床面(プラットフォーム)と、コンテナやトラックの荷台とに生じる段差、高低差を無くすための装置のことをいいます。

 

ドックレベラー

 

ドックレベラーを用いることにより、フォークリフトや台車での積み下ろしが容易になり、破損防止だけでなく荷役作業の生産性が向上します。

 

【ドックレベラーの直訳の意味】

ドック  : 物流センターにおける荷受け場、出荷場

レベラー : 一定量に調節する

 

 

ドックレベラーの種類

ドックレベラーの高さの調整方法には、次の種類・特徴があります。

 

『機械式』

  • スプリングが補助的役割を果たす仕組み
  • 低コストのため導入しやすい
  • 他の方式に比べ劣化しやすい

 

『エアー式』

  • ファンやコンプレッサーなど空気圧が動力源の仕組み
  • 注油やオイルメンテナンスが不要
  • 重量物の荷役に適している

 

『油圧式』

  • 油圧が動力源の仕組み
  • 長寿命が特徴
  • 使用頻度が高い荷役に適している

 

『簡易式』

  • 建物、施設(プラットフォーム)とコンテナ、トラックの荷台の隙間にはめ込む
  • 最も安価で、設置が容易
  • 汎用性は低く、都度の設置が必要

 

ドックレベラー選定のポイント

ドックレベラーの仕様を決定するときは、次のような情報を整理したうえで、最適な仕様を選択します。

 

  • 取扱貨物の重量、サイズ
  • 使用頻度
  • プラットフォームの仕様
  • 荷役作業ルートの設計

 

関連する記事