TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 用語集 > ドックシェルター

用語集

  • ロジスティクス

ドックシェルター

物流用語として使用される「ドックシェルター」について、解説しています。

 

(英語:Dock Shelter)

 

 

ドックシェルターとは

ドックシェルターとは、トラックやコンテナが物流センターや工場に入庫する際、搬入口と荷台の隙間を埋める装置のことをいいます。

 

ドックシェルターによって、外気の影響を最小限に抑えることができ、雨風や粉塵等の侵入を防止し施設内をクリーンな環境に保てるようになることから、食品や精密機器はもちろん、アパレル商材等を取り扱う倉庫でも多く利用されています。

 

 

【ドックシェルターの各語の意味】

ドック  : 物流センターにおける荷受け場、出荷場

シェルター : 避難、保護

 

 

ドックシェルターの導入効果

ドックシェルターを導入することによる効果には、主に次の項目が挙げられます。

 

■施設内衛生管理の向上

入出荷時の雨風、粉塵、虫等の侵入を防止し、施設内をクリーンな環境に保つことができる。

 

■防臭

臭気の漏れや外気の流入を防ぐことができる。

 

■エネルギー効率の向上

冷気の流出と暖気の流入を抑え、エネルギーロスを防ぎ、エネルギー効率を向上することができる。

 

関連する記事