1. TOP
  2. 採用情報
  3. 社員紹介
  4. Interview02|城崎 彩

社員紹介

物流の現場に近いところで
働いていることが、私の成長に
繋がっていますね。

Interview|02

城崎 彩AYA SHIROSAKI

関東エリア 拠点 2018年入社

Q01 入社した理由

私は企業を選ぶ際に「一緒に働く人」を重要視して活動をしていました。そんな中、大和物流の会社説明会では、社員の皆さんが明るく優しく、説明の一つひとつが丁寧だったのを今でも覚えています。大和物流については、学生時代から知っていましたが、福利厚生制度も充実していることで、長く勤められる会社だと改めて分かりました。選考が進み、面接試験でも面接官の方々の笑顔や口調、雰囲気がとても暖かく穏やかで、絶対にこの会社で働きたいと思うようになりました。また、就職活動時に感じていた会社の印象と変わらず、暖かい会社です。

Q02 現在の仕事内容と魅力

私の仕事は、ドライバーさんから納品先の現場調査内容をヒアリングする業務を担当しています。
ここでは、扱う製品が大和ハウス工業㈱様の製造する建築部材で、一般的にイメージする配送業務とは異なり、納品先である建築現場毎に法律で定められた条件を遵守し配送と搬入をしなければなりません。そのため、搬入するドライバーさんが事前調査をした、トラックの車種や注意点等をヒアリングし、取り纏めた内容を施工先の現場責任者へ提出します。この取り纏めた内容をもとに、各官公庁への事前届出の有無が確認されるため、内容を誤ると搬入日に納品が出来ず、現場のスケジュールに大きな遅れが生じてしまいます。そのため、とても重大な仕事を任されていると感じています。

Q03 今後の目標

様々な問い合わせについて、即座に対応できるようになりたいです。現在担当している仕事にも慣れてきたため、他の仕事内容についても問い合わせを受ける機会が増えてきました。そのため、担当以外の内容についても的確で迅速に応えることのできる人財になりたいです。問い合わせの内容は、搬入時間の確認や現場調査に関する内容が多いです。例えば「この部材は2トン車で積めますか?」という問い合わせに今は少し時間がかかります。この場合には、部材に関する形状や重量等の知識が必要になり、その知識をもとに部材をトラックに積込んでいる現場をイメージし、返答しなければなりません。現状では、部材や物流現場に関する知識が不足していると感じます。そのため今後は、工場内にも積極的に足を運び、部材に関する知識を増やし、現場の感覚も養っていきたいと思います。

Q04 就職活動中の学生へのメッセージ

私は就職活動中、物流業界にこだわっていたわけではありません。自分の周りの人たちがどんな仕事をしているか、自分がどんなことに興味をもっているか、改めて自分や自分の身のまわりの環境など見つめ直してみるものいいと思います。大和物流は入社してから研修期間が長期間設けられているため、物流のことをあまり理解していなくても全国の事業所で実際に仕事をしながら学べることがたくさんあります。いざ本番で力が発揮できるよう、事前準備や体調管理には気を付けて就職活動に挑んでください。

Q05 オフタイム

オンとオフの切り替えはしっかりできています。平日はゲームをすることや、ゲーム実況の動画を見たりしています。休日には好きなバンドやアーティストのライブに行ってます。普段行っているライブが激しめなので、そこで色んなものを発散しています。遠い会場のライブに行き、ついでに観光やご当地の美味しいものを食べ歩いたりするのも楽しいです。

マイナビ2022