TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 用語集 > エンドレスアイル

用語集

  • リテール

エンドレスアイル

流通用語として使用される「エンドレスアイル」について、解説しています。

 

(英語:Endless aisle)

 

 

エンドレスアイルとは

エンドレスアイルとは、ある商品が実店舗で品切れしていても、その場で自社ECサイトで当該商品を注文できるサービスの総称です。

 

エンドレスアイルは、直訳すると「終わりのない通路」という意味で、スペースに限りがある実店舗の中において、ECの仕組みを組み合わせた購買体験を提供することで、店舗顧客へのサービス(提供商品)の幅を広げるという意味が込められています。

 

 

エンドレスアイルのメリット

エンドレスアイルを利用するメリット(消費者側)

  • 欲しい商品が品切れ、またはサイズやカラーのバリエーションが不足していても、商品を求めて他店舗若しくはECサイトを探す手間がかからない。
  • 商品の店舗への再入荷を待つことによるタイムラグが抑制される。
  • 商品が購入できない、または手に入れるまで時間がかかるといったサービス面での不満解消につながる。

 

エンドレスアイルを利用するメリット(事業者側)

  • 商品の在庫がないことへのクレーム対処方法となる。
  • 品切れにより発生していた他店舗への顧客流出を防ぐことができる。
  • 店舗の限られたスペースでは提供しきれないサイズ違い・色違いなどを提供することが可能になる。