TOP > 物流事例・お役立ち情報 > 物流事例 > 建築建材物流事例―外壁製造メーカー・G社様

物流事例

建築建材物流事例―外壁製造メーカー・G社様

  • 現場配送
  • 物流センター 開発
  • 物流拠点の 統廃合
  • 生産性の向上

物流スキーム再構築により商物の分離・外部倉庫の集約による在庫削減・受発注システムとWMSとの連携による受発注リードタイムを短縮などモノと情報をフレキシブルに管理するセンターを構築した事例です。

概要

業種・業態 外壁製造メーカー
主な取扱商材 建築建材(外壁材)
エリア 全国

以前の物流体系・問題点

以前の物流体系

全国に製造拠点を数ヶ所持つ建材メーカーG社では、各地方の物流センターに製品を在庫、そこへ各県の営業所が受注の度に引取りにきていました。G社では、県単位でビジネスを区別していたため、県境をまたいだ共同物流などができず、非効率な運行が多発していたこともあり、複数の中規模物流センターが点在し、かつ日々の出荷車両が多いため、積込み車両のコントロールが煩雑となっていました。メーカー様の受発注では変更が多く発生し、WMSの連携が複雑なものとなっていました。

 

問題点

  • 県単位でビジネスが区別されており、他県との共同物流が困難に

  • 商流と物流が同一視されているため、フレキシブルな物流対応が困難に

  • 物流センターへの製品引取りで空便運行が発生

  • 複数物流センターでの作業のため作業の進捗が見えず、ドライバーの積込み待ちなどなどが発生

  • 受発注での変更が多いため、作業の手戻りが多く発生

大和物流の提案

提案内容

  • 外部倉庫の集約に伴う新倉庫構築
  • スルーセンター機能で各工場からの製品をクロスドッキング
  • 当社の幹線便ネットワークを使い、広範囲での物流プロセスの見直し
  • 受発注システムとWMSの機能の見直し

 

提案後の効果

  • スルーセンターにて各工場の製品をクロスドッキングし、スピーディな入出荷を実現
  • 当社の幹線便ネットワークを利用し、高効率な輸配送を実現
  • 事業所単位での物流プロセスを見直し、フレキシブルな物流ネットワークを構築、広範囲での物流プロセスの見直し

一覧に戻る

関連サービス